読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomo's IT Blog

技術的な調査メモ

iPhone 6sが突然シャットダウンしてしまうバッテリー問題はエクスプレス交換が便利!

iphone

iPhone 6sの噂のバッテリー問題、以前からたまにバッテリー残量があるにも関わらず突然シャットダウンしてしまう事が発生していたので、下記のURLにてシリアル番号から調べてみると見事ヒットしていました。
iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート

ただ、Apple Store直営店や提携サービスショップにiPhone6sを持ち込んでまるっと入れ替える必要があり、面倒なので嫌厭していたのですが、最近この問題が頻繁に発生するようになってしまい重い腰を上げました。1日に何度も、ひどい時では100%のときに落ちてしまう場合もありましたので・・・。

バッテリー問題はエクスプレス交換なら自宅にいながら無償で交換

結論から言うと、エクスプレス交換という方法が有り、店舗に行かなくても自宅で新規デバイスと交換するという方法で非常に簡単かつ自分の都合に合わせて対応ができました。
エクスプレス交換は、AppleiPhoneを送ってから修理品を受け取るというものではなく、宅配便の人が新しいiPhoneを自宅まで持ってきて、玄関先で古いiPhoneと交換という方法となります。端末が手元にないブランク期間を作ること無く自宅で交換できますので、非常に便利でした。

たった二日で交換完了!

自分が申込んだのは、新年早々の2017/1/4の夕方くらいでしたが、1/6(金)の午前中には新しい端末が届きました。Appleサポートの人は在庫が足りなくて1週間ほど掛かるかもと言っていましたが、思った以上に早く届いて非常に満足でした。なお、当方は東京住みです。
ただ、今回はたまたま在庫があって運が良かったのかもしれません。

エクスプレス交換ではヤマト便で配送され、発送後は時間指定で好きな日時に変えられますので自分の都合にすごく合わせやすいです。


エクスプレス交換の方法は?

エクスプレス交換の方法ですが、まず、上記のサイトで自分のiPhone6sが交換対象かどうかを調べます。もし交換対象だった場合は、上記サイトのAppleテクニカルサポートへのリンクからテクニカルサポートに問い合わせします。自分は電話で問い合わせをしましたが、2分程ですぐに繋がりました。
上記URLからたどると既に問い合わせのトピックとしては、iPhone6sバッテリー問題に設定されていますので非常にすんなりと話が進みます。口下手の方も安心です!!

そこで、エクスプレス交換という方法をおすすめされました。
ただ、自宅で交換という方法のため、Express交換予約後にクレジットカードを登録して7万円ほどの承認枠が確保されます。これは仮に古いiPhoneAppleに届かなかったり、不適格なiPhone(脱獄や水没など)だった場合に料金が引き落とされるそうです。その場合は7万円ほどかかります。正常に返却できれば承認枠は解除されます。このバッテリー問題はApple側の責任なので全て無償で実施できます。通常は料金のかかるエクスプレス交換も無償で実施できました。


クレジットカードでの支払い登録はサポートへExpress交換手続きをした後にメールで届きます。この情報を入力して手続きが完了ということになります。

なお、もし"iPhoneを探す"が有効になっていると電話口で解除するように促されますが、新しい端末が届くまで時間がかかる場合はiPhoneを探すを再度有効にしておいても大丈夫とのことでした。ただし、宅配便の人に渡す際に必ず"iPhoneを探す"はOffにしておいてくださいとのことです。

申し込み後の流れ

さて、エクスプレス交換を申し込んだ後に、iPhoneが発送されると発送メールが届きます。そこにヤマト便のリンクが記載されていますので、宅配日時を自分の都合のよい日時に設定しましょう。
届く日時の直前に以下のことを実施しておきます。

  • バックアップを取る
  • iPhoneからsimカードを引っこ抜いておく
  • iPhoneを探すをOffにしておく
  • iPhoneをリセットしておく
  • ケースや液晶保護シートなどは外しておく

なお、これらはエクスプレス交換を申し込むと上記の手順がメールで送られてきますので具体的な手順はそちらで確認できます。

iPhoneが送られてきたら、宅配便の人からiPhoneの入った箱を渡されるので、その場で自分で開けます。新しいiPhoneを取り出したら、古い自分のiPhoneを箱に入れ直して宅配便の人に渡します。交換手順そのものは以上です。なお、届くのはiPhone本体のみで、イヤホンや電源コードなどは付属していません。交換時に渡すのもiPhone本体のみになります。

最後に復元しますが、自分の手元に届いたiPhoneiOSのバージョンが古かったらしくそのままでは、iTunesからバックアップの復元ができませんでした。なので、一旦新しいiPhoneとして起動してiOSを最新にバージョンアップした後に、バックアップから復元しました。
若干面倒な作業ですが、1時間ほどで完了しました。

エクスプレス交換は自宅にいながら対応できますので、非常におすすめです!
店舗に持っていくのが面倒だったり都合が付きづらかったりする方、近くに店舗が無い方などは、この方法が良いかと思います!